街歩きと写真

Leitz Summilux, 35mm/F1.4, +Adaptor(M+Micro Four Thirds) +Olympus E-P3

街歩きが好きで、
目的があるわけでもなく、何処を目指すわけでもないけれど、
足の向くまま気の向くまま、あっちをブラブラ、こっちをブラブラ。

狭い路地があれば、入って行ってみたなくなり、
その先に小さなカフェや小物店を見つけると、
つい嬉しくなって、用も無いのに入ってしまう。

ヴァルター・ベンヤミンは『パサージュ論』で、
都市の街路を彷徨う散歩者たちを『フラヌール(Flaneur)』(遊歩者)と呼んだ。
なんだか自分のことを言われているようで、勝手ながらブログのタイトルをそこから拝借した。

写真を撮るのも好きで、街歩きしながら、気になるものをパチパチと撮っている。
そして撮る道具の方も大好きで、以前はフィルムカメラを使っていたが、
最近はデジタルがメインとなっている。

でも、レンズは古いものを使ったりして楽しんでおり、このブログでは、
街歩きしながら撮った写真をご紹介していきたいと思う。

Advertisements

2 thoughts on “街歩きと写真

  1. 本とカメラ、それから静かなカフェも、退屈から救ってくれる大切な要素ですね。
    雨の日に本とカメラを小さな鞄に忍ばせて、カフェを探して歩いている後姿が思い浮かびました。

    1. そうですね。カフェも大切な要素ですね。
      居心地のよいカフェで、のんびりと本を読むのも幸せなひと時です。
      (カフェで写真も撮ってしまいますが・・・)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s