APS-Cミラーレス

Leitz Summilux, 35mm/F1.4, +Adaptor(M+E) +Sony NEX-7

NEX-7を買った。

m4/3があるのになんでAPS-Cを買ったかというと、
m4/3でライカと35mm映画用アリフレックスのレンズを使うと、
フォーマットが小さいので、換算で倍がけ(50mmなら100mm相当)に
なるのがちょっと使いにくかったから。

去年あたりからAPS-Cのミラーレスを物色。
NEX-5NやGXR、そして今年に入ってNEX-7、X-Pro1と
色々と出揃ってきた製品を比較検討していたが、
いつまで悩んでいてもしようがないし、
そろそろと思い、エイやでNEX-7にした。
(こういうのは気分的な盛り上がり次第という気もする)

今はまだ、撮影し易いように設定をいじりながら使っているが、
なかなか良さそう。

ところで、過去、E-PL1、E-P3と使ってきて、ミラーレス機でオールドレンズを
使う際のあくまでも個人的な選択基準を整理してみた。

1. 絞り優先が使える
  純正レンズ以外でも絞り優先が使えることが大事。
  なんといってもカメラ側で適正露出にしてくれると便利。

2. 撮影時にボタン一つで拡大表示ができる
  拡大表示ができると、ピント合わせをより正確にできる。

   NEX-7では「ソフトキーB」で可能だが、
  このキーは下のほうにあるので、ファインダを覗きながら親指で探り当てるのが大変。
  そこで、カスタムキー設定を使って「AF/MF/AEL切換レバー」の「AF/MF」側を
  「MFアシスト」に設定すると、こちらでも拡大表示ができるようになる。
  (操作解説書には書いてなかったが試したらできた)
  この方が親指を少し左に動かすだけでボタンを操作できるので便利。

  それから、シャッター半押しで拡大解除できることも大事。
  これはNEX-7では可能だが、E-PL1、E-P3では再度ボタンを押さないと解除できない。

  ちなみに、NEX-7にはピーキング機能なるものが付いていて、
  ピントが合った部分の輪郭を色で強調してくるので、これがかなり便利。
  いちいち拡大表示をしなくてもピントが合わせられれば、それに越したことはない。
  しかし、ピーキングはコントラストの低いところでは今ひとつのようなので、
  拡大表示を上手く併用すれば良さそう。
  (GXRにも似たような機能があるみたい)

3. 露出補正が簡単にできる
  NEX-7では絞り優先だと「コントロールRダイヤル」で簡単に変更できるので便利。
  E-PL1、E-P3でも可能だが、NEX-7がアクション数の少なさと親指を少し右上に動かせば
  ダイヤルに触れるという点で一番便利な気がする。

4. EVFが使える
  オールドレンズは重いものも結構あるので、
  背面液晶を見ながらの撮影は手振れを起こしやすく、ちょっと不便に感じる。
  ファインダーを覗きながら撮影する方が便利。

5. よく使う操作のボタンは親指を少し動かすだけでできる
  上でも書いたが、ファインダを覗きながら撮影する場合、親指でボタンを探り当てながら
  操作するのは結構ストレスになる。
  私の場合、一番良く使うのは拡大表示で、次いで露出補正とAEロック。

6. おまけ
  Eマウント用に補助ヘリコイド付きのMマウントアダプタ(社外製)が発売されている。
  アダプタのスペースを利用してヘリコイドを付けたもので、
  最短距離の長いレンジファインダーのレンズでも、
  この補助ヘリコイドで近接撮影ができるという優れものらしい。
  まだ、未入手だが購入予定。

今回NEX-7に決めたのは、操作性はもちろんあるが、
ピーキングと補助ヘリコイド付きアダプタを使えることが大きかったと思う。

これからAPS-CのNEX-7では、ライカと35mm映画用アリフレックスのレンズを使い、
m4/3では、フォーマットの小さい16mm映画用アリフレックスとCマウントのレンズを使っていくつもり。

Advertisements

9 thoughts on “APS-Cミラーレス

  1. わーNEX-7導入されたんですね!

    NEX-7はとても気になる存在で、ミラーレス機の使い方としてTR1964さんと同じようなスタンスだと思いますし、「個人的な選択基準」とか、うんうんそうそう、と頷きながら(笑)全文一気に読んでしまいました。

    露出補正とかもすごく使いやすそうですね、増々気になってきています。。。

    1. ukeramさん、コメントありがとうございます。
      いやー、買ってしまいました。レンズもeBayで最近また買っているのに・・・・・、散財してます。
      そうそう、もちろん組紐ストラップを付けました。

      ところで露出補正のダイヤルですが、たまに間違って触れてしまい、値が知らぬ間に変わっている、
      なんてこともありました。
      このあたりは慣れかもしれませんが、E-P3のようにワンクッション(ボタンを押してから変更)あっても
      良いのかもしれません。

      (追記)
      露出補正のダイヤルはロックできることが判明しました。
      操作解説書によると「ナビゲーションボタン」の長押しでロック/解除ができます。

  2. 購入されたんですね~!
    先日、NEXで撮られた映像を見て、その格好良さに惹かれて以来、なんとなく気になっているカメラです。
    もちろん、レンズとかその映像を撮った方のセンスや技術が関係してくると思いますが、
    同じ物を使えば同じような物が撮れるような錯覚に陥るのはいつものことです。
    これからの使用感なども楽しみにしています!

    1. Taroさん、コメントありがとうございます。
      APS-Cのミラーレスは前から欲しかったので、やっと買ったという感じですが、機材ばかり増えてます。
      同じ物を使えば同じような物が撮れると思って買うのは、私も良くあることです。
      でも気分的には楽しいです。

      NEX-7ですが、個人的には操作性はよく考えられてると思っています。
      これからも気づいたことがあれば、またアップしていきますね。

  3. 以前から、マウントアダプターを調べているのですが、へリコイド付きアダプターがあるのですね。
    発展しますね。参考になります。

    1. KOH さん
      最短距離の長いレンズでも寄ることができるようになるので重宝しています。今や手放せないアイテムになっています。

      1. ライツの頃の90mmもっていたのですが、こまりました
        700mmですからね^^~いい情報ありがとう。
        GXR検討してたのですが、不本意ながら先日Cサイズデジイチにかえました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s