高輪界隈

このレンズは、Mマウントに改造したもの。
買ったとき、すでにMマウントに改造されていたため、
元々はどのようなマウントだったのか、
正確なところは判りません。

Astro Berlinのレンズは、以前Arriflexマウントの
Gauss Tachar 25mm/f2.0を使ったことがあります。
APS-Cでは若干ケラれるので、
16mm映画用らしく、m4/3で使う方が良さそう。

一方、今回のPan Tachar 40mm/f2.3は、
周辺部は甘いですが、APS-Cでもケラれていません。
色々と調べてみると、おそらく35mm映画用の
レンズだったのではないかと思われます。

時代としては、レンズの作りから戦前の感じがします。
あくまでも感じですけど・・・

実は無限がきちんと出ていなかったので、調整してもらい、
ようやく撮影が出来るようになりました。

Advertisements

4 thoughts on “高輪界隈

  1. これ良いですね!^^
    私の好みです。
    街灯の明かりに誰かが現れるのか暫らく待ってしまいます。(笑)

    1. あおさん、ありがとうございます。
      そういえば街灯好きでもあります。
      ヨーロッパの街灯は、趣があって結構好みです。

  2. この写真もとても素敵です。やはり、柔らかい雰囲気の中で、フェンスのあたりががカッチリ写っているように思います。40mmというのも何だか不思議な感じ。どんなレンズなのか、レンズ自体を見てみたくなります。

    1. hello rollei さん
      40mmのレンズは、あまり多くないですよね。APS-Cで使うと換算60mm相当になります。
      このレンズの本体部分はかなり小さいです。しかもMマウント用に改造されており、さらにフードを接着で付けているようなので、本体はちょこっとしか見えていません。
      実用としては問題ないですが、見た目は今ひとつの状態です。でも、いずれ機会があったらレンズの写真を載せてみましょう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s