Switzerland 1999 #001 Neuchâtel


久しぶりに昔の写真をアップ。
これは、1999年にスイスを旅行したときのもの。

古い時計、とりわけ1930~1940年代頃に作られた時計が好きなので、
一度は時計の聖地、スイスへ行ってみたい、ということで旅に出た。
もちろん、あわよくば時計を買いたいという思惑もあった。

たしか、直行便の予約が取れず、パリ経由でチューリヒに入り、
そこから、ルツェルン、グリンデルヴァルト、ヌーシャテルと
東から西へ移動し、ジュネーブからパリ経由で帰ってきた。

写真は3枚ともヌーシャテルで撮ったもの。
ホテルにチェックインしたと思ったら、にわか雨が降ってきて、
夕暮れ時になってようやく街に出たと記憶している。
湖畔の街で、坂が多かった。
こういう古い街は、路地から路地へと気ままに歩くのが楽しい。
この旅行では、ヌーシャテルとチューリヒの町並みが印象として残っている。

ところで時計の方だが、
チューリヒにあるアンティーク時計を扱う店で1930年代のものを一つ買った。
行程からすると、旅の最初の方で買ったと思われるかもしれないが、
実は帰る前日だった。

その店は、旅行の最初の頃に見つけたお店で、
ウィンドウに出している時計の数は少ないものの、
店の人がこだわりを持って選りすぐっている感じがした。
気になる時計も飾ってある。
ただ、残念なことに定休日だったのである。

その後、旅行中、あちこちでアンティーク時計店を見て周ったが、
行程最後のジュネーブに着いても、最初に見たお店が気になり、
そこで日帰りでジュネーブからチューリヒを往復したのである。

行程としてはかなり無駄な動きだったけど、
スイスパスを持っていたので電車は乗り放題。
またこのときは一人旅で、その気楽さゆえにできたことかもしれない。

Advertisements

10 thoughts on “Switzerland 1999 #001 Neuchâtel

  1. 私が1人で旅行し始めた時の主な行き先はスイスでした。運転免許を持っていない私にとって、列車が網の目のように走っているスイスは、とても旅行しやすかったのです。ヌーシャテルも行きましたが、ずいぶん前のことです。この写真たちに霞んでしまった思い出を掘り起こされたような気がします。

    1. hello rollei さん
      旅行のときは車が使えれば、ガイドブックに載っていない小さな町に寄ることもできるのでいいのですが、慣れない土地で運転するのも大変なので、結局列車を使うことの方が多くなってしまいます。
      たまに昔撮った写真を見返すと、その時のことを思い起こすことができますね。

  2. 初めまして。最近こちらのサイトを見つけ楽しく読ませていただいております。ライカ歴20年で、M3/4からオールドレンズへの興味が再燃しましたが、なかなかイメージ(とういうか期待)したような写真に仕上がらずにおりました。tr1964さんの作品には他の方々と同じくびっくりしました。アンティークがお好みのようで、そのスタイルがブレずに写真に再現されておられますね。

    私も昨年末にスイスに仕事の用事があって、週末はジュネーブからベルン、バーゼル、チューリッヒと電車のパスで2往復しました。軽量のElmar50mmを持参しました。旧市街地の狭い石畳を歩くとその度、不思議と懐かしい気分にとらわれます。

    1. kazさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      なぜか昔から古いものが好きです。両親はそんなことはないので、誰の影響なのかわかりませんが・・・。
      m4/3をはじめとしたミラーレスの発売によって、色々なレンズを使えるようなり、私も楽しんでます。
      デジタルは仕上げの調整も気の済むまで試すことができるので便利になりました。
      私の場合、モノクロームの仕上げにはLightroomとSilver Efexを使っています。
      一度ソフトウェアを買ってしまえば、ランニングコストがかからないのでお財布にも優しいです。

      スイスにはこの旅行以後には行っていないので、できればまた行きたいなと思っています。

      これからもよろしくお願いします。

      1. お返事頂きありがとうございます。20年前に仕事でPhotoShopを使いましたが、プライベートでは画像編集ツールは導入していませんでした。ご紹介いただいたツールとプラグインソフト?とても興味深いですね。それと、バルザックも少し読むので、私も街を散策して写真を撮るたびに、フラヌールだなと思っていました。他にも共通する話題がありますので、慌てに少しづつコメントさせていただきます。

      2. kazさんもフラヌールでしたか。仲間が増えた感じがして嬉しいです。
        改めてよろしくお願いします。

  3. 私の初めての海外もスイスでしたが、ヌーシャテル辺りは自転車で何度か走ったことがあります。たぶん時計のメーカーもあるんですよね。以前持っていた時計にはその地名がありました。あまり大きな街ではなかったような気がしますが、湖があっていくつも丘が続いてきれいなところでした。

    1. 川越さん
      海外で自転車とはすごいですね。さすが川越さんです。
      ヌーシャテルは、ラ・ショー=ド=フォンやル・ロックルといった時計産業の街と近いです。
      この旅行でも、ヌーシャテルから電車でラ・ショー=ド=フォンへ行き、時計博物館を見学してきました。

  4. ついヌーシャテルの話題で、書こうとしていたことを忘れてしまいました。すみません、2つ続きになってしまいました。このズミクロンの写真、見たときに「あれっ?」と思ったのですが、デジタルじゃなくM6のフィルムだったんですね。たぶん開放近いのだと思いますけど、曖昧な部分があるのかやはりデジタルとは微妙に違うものです。でもいい写真で飾りたくなります。

    1. 川越さん
      飾りたくなる写真、と言ってくださり嬉しいです!
      このころはまだ、デジタルカメラを持っていませんでしたので、旅行の際はたいていM6を持って行ってました。
      この写真を撮ったときは暗かったので、たぶん開放で撮ってます。
      デジタルでもフィルムに近い感じに仕上げたいと思っていますが、記録媒体が違うのでまったく同じというわけにはいかないです。
      スキャンしているので、フィルムとはいえ、デジタルに変換されているわけですが、それでも諧調の出方が違う気がします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s