Paris, 1991

Paris001-Edit

モノクロを撮り始めたきっかけを思い起こしてみると、
この写真を撮った旅行だった。
91年から92年にかけて、年末年始の休みを利用し、
ドイツ、フランス、イギリスを旅行した時の写真である。

この時の機材は、CONTAX T2のみ。
当時は今ほど写真を撮っていなかったし、
この旅行は写真が目的ではなかったので、
軽くて、かさ張らないコンパクトカメラにした。
ただ、カラーフィルムに加えて、
なんとなくモノクロフィルムを数本だけ持って行ったのである。
その理由は「冬のヨーロッパはモノクロが似合いそう」という
気分的なものだったと思う。

ところで、私の幼い頃は写真といえばモノクロだった。
小学生の頃、最初に撮った写真もモノクロである。
小学校の高学年あたりから、だんだんモノクロより
カラーがメジャーになっていった気がする。
モノクロは古く、カラーは新しい、そんな時代背景もあり、
学生時代に撮っていたのは、ほとんどカラーで、
モノクロで撮った記憶はあまりない。
だから、この旅行にモノクロフィルムを持っていったのは、
本当に気分的なものだった。

旅行から帰ってきて、同時現像に出したところ、
モノクロで撮った写真に何枚か気に入ったのがあり、
キャビネサイズに焼いてもらうことにした。
当時、新宿の甲州街道沿いにあったイマジカの営業所へ行き、
手焼きでお願いした。
上がってきたプリントは、黒がよく締まっていて、諧調も美しく、
同時現像のものとは全く違う印象だった。
プリントによって、こんなに変わるものかと思った。
それに、白と黒の諧調だけの世界も美しいではないかと。

これがモノクロとの邂逅だった。

Advertisements

10 thoughts on “Paris, 1991

  1. 綺麗なモノクロですね。僕は…と思い返すと、高校の頃にガールフレンドの写真を撮ったのがモノクロで、理由は安かったからと云う…笑 それから30年余り、相変わらずモノクロ、モノクロと言ってます。

    1. atmo さん
      コメント、ありがとうございます。
      ガールフレンドの写真がモノクロといのもいいですね。
      今でもモノクロを撮っている人は、皆それぞれきっかけがあるのですね。
      私も、この時以来、ほとんどがモノクロです。たまにカラーに浮気をしますけど。

  2. 素晴らしい写真ですね。私もCONTAXが欲しいと思っています。レンズがツァイスだというのも理由の一つです。やっぱり買おうかな?

    1. gomachan15 さん
      T2はツァイスのゾナーがついてます。コンパクトにしては少し重いですが、なかなか良かったです。この旅行では活躍してくれました。

  3. 私も写真と言えばモノクロの時代に育ちましたが、カメラはむりして買ってもらったオリンパスペン。距離は3つくらいの絵で選んで決めたような。写真は貴重だったなぁ。修学旅行では好きな子の写真ばかり写していて、どこに行ったのか写真では全然わからなかったし。なので写真に目覚めるなんて事は全然なかったのが残念です。えらい違いだなぁ。

    1. 川越さん
      私が最初に使ったカメラは父のオリンパスペンでした。
      学生時代は、好きな子を撮るというのは私も同じです。先日、実家の掃除をしていたら、当時付き合っていた子の写真が出てきて、懐かしかったです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s