TATEMONO #001

DSC04458-Edit

「学芸大学界隈」から(From Gakugei-Daigaku, Tokyo)

昭和の古い建物を見つけると、ついつい写真に撮っておきたくなる。
左上に見えている煙突などは最近ではめっきり見なくなった。

ところで話は変わるが、
写真関係以外でも、このブログを訪れる方が多い。
前にも書いたけど「国際郵便物のトラッキング」の検索にヒットした場合で、
一日に数件は必ずある。

最近は円安になってしまったので、
以前のように海外から買うことも少なくなった。
ところが、今使っているカメラバッグのオールレザーバージョンが発売されたので、
さらに円安が進む前にと思って、つい買ってしまった。

持っているのはキャンバスバージョンで、
小さいバッグだけど、カメラ1台に交換レンズ2本。
それにバッテリー2本にSDカードを数枚、小さなブロアーブラシとレンズクロス、
あとスマホと充電器まで入ってしまう。
詰めれば文庫本もなんとか入る。
稼働率も高いので、これからは2つのバッグを気分に合わせて使い分けようと思っている。

バッグを見つけた経緯は、
ライカのFacebookにニューヨーク・ソーホー店を紹介する写真が載っていて、
その一枚に写っていたのがきっかけである。
ちなみに、ライカのロゴはついてない。

調べたらアメリカ製で、日本では扱っている店がないため、
どうしてもバッグメーカーのショッピングサイトから購入することになってしまう。

発送されたら、トラッキングをチェックするつもり。
届くのが楽しみである。

Advertisements

6 thoughts on “TATEMONO #001

  1. そのバッグ、私もどこかで見た記憶があります。良さそうだなぁとは思っても、値段も確認しませんでしたが、ちょっと調べてみようかな。
    でも私の場合、バッグはできるだけ軽くしたくなって来たので、革製のバックはちょっと敷居が高くなってしまいました。カメラの保護に革製品は設題な効果があるのは経験でもわかっているんですけどね。手元に届いたら感想を聞かせてください。

    1. 川越さん
      私が買ったのはONA(http://www.onabags.com/)のThe Boweryというバッグです。日本製のようなきっちりとした作りではありませんが、好みの雰囲気です。
      軽さでいえばナイロン製には適わないかもしれませんが、キャンバス地でも軽いです。レザーは少し重くなると思いますが、バッグ自体が小さいのでたぶん大丈夫だと考えてます。
      ちなみに件のFacebookの写真はこちら(http://www.facebook.com/photo.php?fbid=10151114590562735&set=a.10151113171122735.433910.75684997734&type=3&theater)です。

  2. TR1964さま、いつも丁寧にありがとうございます。
    革製のバッグはときどき魅力的なものがありますが、どうしても重くなるのと値段が高めになるので躊躇してしまいます。革製をメンテナンスしながら使うのは、どんなものでも好きなのですが、最近は重さが堪えるようになってしまいました。体力付けないとなぁ。

    1. 川越さん
      革製のものは使い込むといいですね。
      バッグ自体が重いと長時間持っているのは辛くなってきますが、川越さんはサイクリングをやっていらっしゃるので、体力はそうとうなものではないでしょうか。私などは軽い運動程度しかやっていないので、サイクリングで何十キロも走るのは凄いなといつも思っています。

  3. もちろんどのカメラを使うかが一番重要ですけれど、どんなバッグに入れて行くかも重要ですよね。
    私は最近、Billinghamのバッグを購入しました。このBillinghamのバッグ、通常の小型バッグだと小物を入れるポケットが開放状態なので、スリの心配から敬遠していたのですが、こちらのライカショップに別注のジッパーつきのバッグがあったので早速買いました。ライカ用に作られたバッグですが、ちょうど二眼レフがすっぽり入るので重宝しています。…とはいえ、TR1964さんがどのようなバッグを使用なさっているのかも気になります。ちょっとURLをのぞいてみよう(笑)

    1. hello rollei さん
      Billinghamはカメラ店で見かけて、いいなぁ~と思ってました。
      イギリスのハンティングバッグをベースとしたカメラバッグですよね。フィールドでの使いやすさを追求したスタイルだなと思います。それにしても、ジッパーつきなら安心ですね。
      私のバッグは、通常だとライカ一台、交換レンズ一本を入れる程度の小さなものですが、工夫すると必要十分な装備は入れられます。実はバッグの収納を考えるのも結構好きです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s