Tokyo, 2022 #28

清澄白河, 東京
Kiyosumishirakawa, Tokyo

LEICA X2の発売は2012年だから、すでに10年前のカメラ。
最新のカメラに比べると、色合いは落ち着いてるし、画素数が1650万と少ないせいか描写も柔らかく感じてしまう。しばらく使っていなくても時を経てまた楽しめると思うと、なかなか物を手放すことができない。

Tokyo, 2022 #24

有栖川宮記念公園, 東京
Arisugawa Park, Tokyo

久しぶりのLEICA X2。
随分使ってなかった(前回の掲載は2019年だった)。
再び手にしたきっかけは、ストラップを取り換えてみようと思ったことだった。
アクセサリーが変わるだけで気分も変わる。
なんだか新しいカメラを手に入れたみたいで、持ち出したくなるから不思議。

久しぶりに手にしてみると、ライカらしいカメラだなと改めて思う。