DUCATI Etar 35mm/f3.5 をミラーレスで使ってみる

SDIM4667-Edit

DUCATIのEtar 35mm/f3.5。

先日、eBayでイタリアのカメラ店から購入した。
本来は、Simplex(シンプレックス)というカメラに固定されているレンズだが、
取り外してEマウントに着けられるように改造されていた。

こうした改造レンズを通販で買う最大のリスクは、
実際に手に取り、問題ないか確認できないことにある。
そういうわけで、届いて試してみるまでは心配だったが、
きちんと無限も出ていたし、専用のキャップまで作る凝りようで、
けっこう丁寧な仕事だったので一安心した。

ところで、DUCATIはイタリアのボローニャを拠点とするオートバイメーカー。
しかし、第二次大戦後の1940年代終わりから1950年代の初めにかけてカメラも作っていた。
レンズ交換可能で連動距離計を装備したSongo(ソーニョ)と
レンズ固定で距離計を装備していないSimplex(シンプレックス)である。

これらのカメラは、小さくて、デザインがカッコイイ。
いつか縁があったら、カメラを欲しいなとは思っていたのだが、
そんな矢先に出会ったのが今回の改造レンズである。
ミラーレスで使えるならと、つい欲を出してしまった。
レンズの鏡胴は、親指ぐらいの大きさしかないが、けっこうよく写る。

ちなみに、前回は、その撮影例である。

SDIM4667-Edit-2
SDIM4663-Edit
SDIM4674-Edit-2

Leitz Summaron 3.5cm/f3.5

SDIM4677-Edit

先週の土曜日は雨が降ったので、
外出せずに家でのんびりすることにした。

そろそろプロフィール画像も変えようかと、
DP2で定番のレンズとカメラを撮影。
きょうの写真はプロフィール用に撮ったものです。

Lens : Leitz Summaron 3.5cm/f3.5
Adapter : Hawk’s Factory
Camera : Sony NEX-7
Case : JnK-handworks
Strap : Lumiere

これ以外にも、最近手に入れたレンズを写したので、
近いうちにブログに載せる予定です。

Coffee Cup

SDIM4628-Edit

「横浜界隈」から

先週の土曜日にCP+へ行って、SIGMA のDP3 Merrill を触って来ました。
実機を手に取ってしまうと、フツフツと物欲がわいてきますね。

セイケ・トミオ氏の写真も飾られていて、これがまた素晴らしいので、
ますます欲しくなってしまいます。

写真は、CP+の人ごみに疲れて一休み。
コーヒーを飲んだ時のものです。

DP2のモノクローム

image

カメラの写真をDP2を撮っていて、
モノクロームにすると凄いなと思った。
わずかな光の違いも捉えていて、階調が豊か。
黒の出し方の奥深さを改めて感じる。
Foveonの凄さか。

こうなると、Foveonにライカのオールドレンズを
着けて撮ってみたくなる。
もちろん、今のDP2に付いているレンズは
Foveonに最適化されているだろうし、
別のレンズを使ったところで、
必ずしも同じような結果になるとは限らないと思っている。
それでも相性の良いレンズが見つかったら、
面白いのではないかと思う。

Foveon搭載のミラーレス。
いつか発売されると信じて、
密かに心に抱き続けているミラーレスの本命。

お散歩カバンとレンズの相関関係

お散歩用のカバンをいくつか持っているが、
最近はコンパクトなものを使いたい気分。

とにかく必要最低限な物だけ小さなカバンに入れて、
スマートにお散歩したい。

ということで、入れるものを考えてみた。
(なんだか旅行前にカバンに何を詰めるか考えるのに似て意外と楽しい)

まず、カメラにレンズとフード。
これは外せない。

それから小物類で、
予備のバッテリーとSDカード、
さらに、簡単なクリーニング用具(ブロワーブラシ、クロス)。
あとは携帯や筆記具といったところ。

この中で、レンズ以外は大体決まっているし、
今までも、なるべくコンパクトになるようにしてきた。
小物類は、カメラ関係とその他で、2つの小さなポーチに分けて入れ、
拡散を防ぐとともに、ポータビリティも確保した。

カメラボディは、最近はNex-7。
小さくてカバンに収まりやすい。

さて、問題はレンズの選択。
(フードはレンズが決まれば、自ずと決まる)

まずは本数。
潔く一本にすれば、かなりスマートだ。
家の近くの散歩なら、これで十分だったりする。

しかし、ちょっと足を延ばしてとか、行ったことのない所だと、
焦点距離の異なるレンズを数本持ち出したくなる。
やはり、広角、標準、中望遠と3本揃っていれば何もいうことはない。
(ここらあたりで”必要最低限”が少し怪しくなってきたが、気にしない)

まぁ今回は、この3本を手持ちの中からどれにするかで検討してみたい。

コンパクトなカバンなので、できれば小さくて、軽いものがいい。
ということで、ライツのスクリューマウントに手が伸びる。

まず、APS-Cでは50mm相当になる35mm。
小ささと軽さで選べばエルマー/f3.5(110 g)。

次に75mm相当になる50mm。
これは、よく使う画角なので迷う。
小ささと軽さということなら、エルマー/f3.5(125 g)かヘクトール/f2.5(190 g)。
あるいは明るめのズマール/f2(205 g)という手もある。

さて、最後は広角。
しかし、よく考えてみると、手持ちに小さくて軽い広角というのがない。

・・・・・。

やはり、必要だろう、広角は。
そういえば、前から気になっていたレンズがある。

いや、正確に言えば、欲しいレンズがある。
ここまで、コンパクトだのスマートだのと、だらだらと書いてきたが、
何を隠そう、ヘクトール 28mm/f6.3を(110 g)買うための理由付け(言い訳)である。

しかもeBayで見つけてしまった。
こんなに安くていいの?
というのを。
(自分で自分の背中を押す)

説明書きを読むと、レンズはクリーンとのこと。
初めて取引する売り手なので、どこまで信じられるかわからないが、
リスクとしてオーバーホールに出すことを勘案しても、十分安い。
(納得の言い訳)

ということで、買ってしまった。
届いてから試し撮りしてみたが、特に問題ないみたい。
(とりあえずオーバーホールしなくてもよさそうなのでラッキー)

さて、これで、コンパクトなお散歩カバンに入れるレンズも揃ったし・・・・。

・・・・。

フード。
しまった。
これが、べらぼうに高い(レンズが買えるくらいの)値段だったのを忘れてた。
しかも、あまり見かけない。

P.G.I.で清家冨夫氏の作品展 「OVERLOOK」を観てきた

DP2

土曜日にP.G.I.で開催されている
清家冨夫氏の作品展「OVERLOOK」を観てきた。

遠くから浜辺を撮影したカラー写真。
イギリス・ブライトンのフラットの窓から撮影された作品だそうだ。

どの作品も画面のほとんどを海が占めている。
波頭の微妙な陰影の違いは、海が見せる様々な表情となり、
風のある時、凪の時、・・・と、想像力をかきたてる。

そして、砂浜にいる点景の人物や犬。
1cmあるかないか、本当に小さい。
風に抗って歩いているかのような人、
犬と戯れている人、・・・
小さいけれど、その場の雰囲気が観る者に伝わってくる。

どれも、いつまでも眺めていられる作品ばかりで楽しめました。
4月28日(土)まで。

NEX-7とカメラケース

DP2

NEX-7を使っていて、もう少し高さがあると右手のホールディングが
良くなりそうだったので、カメラケースを導入してみた。

韓国製のハンドメードのカメラケースで、eBayから注文した。
革の種類や色を選択できるのだが、こういうのは結構迷う。
特に色を迷う。
モニターで見ているのと実物では、随分と印象が違ったりするので、
これはもう一種の賭け。

最終的に選んだのはMinervaという革で色はGrigio。
Grigioはイタリア語でグレーのことのようだが、
これをモニターで見ていると、微妙にグリーン系が入ったような、
表現しにくい複雑な色なのだ。

この通りなら望むところで、ドキドキしながら到着を待った。
果たして、届いてみると拍子抜けするほど、そのままの色であった。

カメラに装着してみると、ピッタリと収まる。
ほんの少し高さも出て、
カメラケースなしよりホールディングは良くなった。

三脚穴も着いているので、三脚に固定したり、
ボトムグリップも利用できる。
なかなか便利そう。

コバもちゃんと処理されていて、総じて丁寧な作り。
買って良かったかなと。

アリフレックスのレンズ

DP2

アリフレックスは映画用のカメラだけど、
APS-CのNEX-7を手に入れて、いよいよアリフレックス用レンズの本領発揮。
35mm映画のフォーマットは、いわゆるフルサイズより小さく、
実はAPS-Cに非常に近いサイズ。ちょうど良いのだ。

ところで、このレンズをスティルカメラで使ってみたいという欲望は、
数十年前の学生時代に遡る。

中学、高校時代は映画をよく観に行っていた。
映画館に行くと、パンフレットを売っているけど、
映画のワンシーンや俳優の写真だけでなく、
撮影シーンも載ってたりして、映画カメラが写っていることもあった。

そんな写真の一枚によく目を凝らすと、
カメラに『Arriflex』の文字が読み取れ、
そのとき初めてアリフレックスという名の映画カメラを知った。

しかし、アリフレックスは35mmや16mmフィルム用でプロを対象としたもの。
学生の使えるような機材ではない。
そこでせめて、レンズだけでも一眼レフに取り付けて写真を撮れないものか、などと夢想していた。
(もっとも、レンズだけでも相当高価なのを当時は知らなかった)

余談だけど、高校時代には中古の8mmカメラ(フィルムです)を買って短編映画を撮影し、
学園祭で上映したこともある。
この時のカメラはBolex(ボレックス)で、今でも手元にあるけれど、
これを買ったのも「・・lex」という語尾が似ていたのと、
Som BerthiotのPan-Cinorズームレンズの横から飛び出したビューファインダーが
いかにも映画を撮るためのレンズという感じがしたから。
(それらしい形や雰囲気は大事)

映画熱は大学に入る頃から徐々に落ち着き、
それから数十年の歳月が経ち、時代はデジタルカメラ全盛、ミラーレスカメラが発売。

最初は特に興味も無かったけど、ネットの情報でアダプターを介して色々なレンズが使えることを知り、
そこで思い出したのが件のアリフレックスのレンズ。
「もしかすると、使えるかもしれない。」
果たして、アダプターは発売されており、オークションなどで中古レンズが売られている。
しかも数百ドル程度のものもある。
「これは・・・、いくしかない」ということで、早速、E-PL1とアダプター、レンズを買い揃えた。
これが2年前くらいの話。

ところで、アリフレックスというのはあくまでも映画カメラで、レンズはレンズメーカーが供給している。
日本の市場ではあまり見かけないが、eBayをウォッチしていると、
ドイツのツァイス、シュナイダー、アストロ・ベルリン、
フランスのアンジェニュー、キノプティーク、
イギリスのテーラー・ホブソン、などがあるようだ。

この2年の間にレンズは少しずつ増殖しているが、
最初に手に入れたのは比較的手ごろな価格のシュナイダー。
レンズに『Arriflex』と刻印されているのを見た時は、無性に嬉しかった。

SIGMA DP Merrill

CP+は盛況だったみたいですね。
一年前に引越して、以前より横浜は近くなったので、
行ってみようかとも考えるんだけど、
混んでると思うと、なんだか億劫になってしまう。
来年こそは・・・

ところで、SIGMA DP Merrillが登場しますね。
DPに新センサーを搭載するのは、もっと先かと勝手に思っていたので、
意外なほど速い展開にびっくりです。

私が買うならDP2 Merrillでしょうか。
でも、1段明るくなったDP1 Merrillも魅力的ですね。
今回の発表で、物欲曲線はピクッと反応しましたが、
まだ右肩上がりにはなっていません。

レンズ側にフォーカスリングを付けてくれたことは嬉しいですね。
フォーカスは右手の親指でダイアルを操作するより、ずっと使いやすいと思う。

でも、もっと欲を言うなら、ついでに絞りもレンズ側にして、
高精細のEVFを外付けでも内臓でも付けてくれたら嬉しいけど・・・

そして、もう少し長い焦点距離のDPや、ミラーレスも含めて、将来に期待。

いつかはFoveon搭載のミラーレスで、
ライカやアリフレックス用のレンズを使ってみたい。