DUCATI Etar 35mm/f3.5 をミラーレスで使ってみる

SDIM4667-Edit

DUCATIのEtar 35mm/f3.5。

先日、eBayでイタリアのカメラ店から購入した。
本来は、Simplex(シンプレックス)というカメラに固定されているレンズだが、
取り外してEマウントに着けられるように改造されていた。

こうした改造レンズを通販で買う最大のリスクは、
実際に手に取り、問題ないか確認できないことにある。
そういうわけで、届いて試してみるまでは心配だったが、
きちんと無限も出ていたし、専用のキャップまで作る凝りようで、
けっこう丁寧な仕事だったので一安心した。

ところで、DUCATIはイタリアのボローニャを拠点とするオートバイメーカー。
しかし、第二次大戦後の1940年代終わりから1950年代の初めにかけてカメラも作っていた。
レンズ交換可能で連動距離計を装備したSongo(ソーニョ)と
レンズ固定で距離計を装備していないSimplex(シンプレックス)である。

これらのカメラは、小さくて、デザインがカッコイイ。
いつか縁があったら、カメラを欲しいなとは思っていたのだが、
そんな矢先に出会ったのが今回の改造レンズである。
ミラーレスで使えるならと、つい欲を出してしまった。
レンズの鏡胴は、親指ぐらいの大きさしかないが、けっこうよく写る。

ちなみに、前回は、その撮影例である。

SDIM4667-Edit-2
SDIM4663-Edit
SDIM4674-Edit-2

Advertisements