21mmの誘惑

DSC04739-Edit

早速ですが、今回の言い訳は、
「そうえいば、この画角を持ってないよね」
です(参考にしてください)。

21mm。
そんな広角、あまり使わないと思われるかもしれませんが、
NEX-7はAPS-Cですので、フルサイズに換算すると31.5mm相当。
ちなみに、広角は14.5mmと28mmを持っていて、
換算ではそれぞれ22mmと42mmぐらいになります。
一目瞭然、ちょうど真ん中あたりがありませんね。

普段は標準の画角を使うことが多いので、
手薄になっていたというのもあるんですが、
21mmで欲しいなと思っていたスーパーアンギュロンとか、
ルサール(20mm)は後玉が出ていて、
NEX-7のシャッターに干渉して使えないものもあります。

でも、国立競技場の最後の日に14.5mmを使ったら、
ああ、広角もいいなって・・・
エルマリートなら後玉は干渉しないし、
そろそろ、いいかなって・・・
うん、いいよねって・・・

Advertisements

DUCATI Etar 35mm/f3.5 をミラーレスで使ってみる

SDIM4667-Edit

DUCATIのEtar 35mm/f3.5。

先日、eBayでイタリアのカメラ店から購入した。
本来は、Simplex(シンプレックス)というカメラに固定されているレンズだが、
取り外してEマウントに着けられるように改造されていた。

こうした改造レンズを通販で買う最大のリスクは、
実際に手に取り、問題ないか確認できないことにある。
そういうわけで、届いて試してみるまでは心配だったが、
きちんと無限も出ていたし、専用のキャップまで作る凝りようで、
けっこう丁寧な仕事だったので一安心した。

ところで、DUCATIはイタリアのボローニャを拠点とするオートバイメーカー。
しかし、第二次大戦後の1940年代終わりから1950年代の初めにかけてカメラも作っていた。
レンズ交換可能で連動距離計を装備したSongo(ソーニョ)と
レンズ固定で距離計を装備していないSimplex(シンプレックス)である。

これらのカメラは、小さくて、デザインがカッコイイ。
いつか縁があったら、カメラを欲しいなとは思っていたのだが、
そんな矢先に出会ったのが今回の改造レンズである。
ミラーレスで使えるならと、つい欲を出してしまった。
レンズの鏡胴は、親指ぐらいの大きさしかないが、けっこうよく写る。

ちなみに、前回は、その撮影例である。

SDIM4667-Edit-2
SDIM4663-Edit
SDIM4674-Edit-2

Leitz Summaron 3.5cm/f3.5

SDIM4677-Edit

先週の土曜日は雨が降ったので、
外出せずに家でのんびりすることにした。

そろそろプロフィール画像も変えようかと、
DP2で定番のレンズとカメラを撮影。
きょうの写真はプロフィール用に撮ったものです。

Lens : Leitz Summaron 3.5cm/f3.5
Adapter : Hawk’s Factory
Camera : Sony NEX-7
Case : JnK-handworks
Strap : Lumiere

これ以外にも、最近手に入れたレンズを写したので、
近いうちにブログに載せる予定です。

Hektor f1.4

Hektor Rapid 2.7cm/f1.4というレンズ。
Leitzでは珍しい、Cマウント。
シネレンズをよく買っていた頃に手に入れたもの。

2.5cm/f1.4というのもあるらしく、
微妙に焦点距離が異なること以外、
何が違うのか、よくわからない。

先週末から忙しくて、
写真を撮っている暇がなかったので、
久しぶりの蔵出し写真でした。

お散歩カバンとレンズの相関関係

お散歩用のカバンをいくつか持っているが、
最近はコンパクトなものを使いたい気分。

とにかく必要最低限な物だけ小さなカバンに入れて、
スマートにお散歩したい。

ということで、入れるものを考えてみた。
(なんだか旅行前にカバンに何を詰めるか考えるのに似て意外と楽しい)

まず、カメラにレンズとフード。
これは外せない。

それから小物類で、
予備のバッテリーとSDカード、
さらに、簡単なクリーニング用具(ブロワーブラシ、クロス)。
あとは携帯や筆記具といったところ。

この中で、レンズ以外は大体決まっているし、
今までも、なるべくコンパクトになるようにしてきた。
小物類は、カメラ関係とその他で、2つの小さなポーチに分けて入れ、
拡散を防ぐとともに、ポータビリティも確保した。

カメラボディは、最近はNex-7。
小さくてカバンに収まりやすい。

さて、問題はレンズの選択。
(フードはレンズが決まれば、自ずと決まる)

まずは本数。
潔く一本にすれば、かなりスマートだ。
家の近くの散歩なら、これで十分だったりする。

しかし、ちょっと足を延ばしてとか、行ったことのない所だと、
焦点距離の異なるレンズを数本持ち出したくなる。
やはり、広角、標準、中望遠と3本揃っていれば何もいうことはない。
(ここらあたりで”必要最低限”が少し怪しくなってきたが、気にしない)

まぁ今回は、この3本を手持ちの中からどれにするかで検討してみたい。

コンパクトなカバンなので、できれば小さくて、軽いものがいい。
ということで、ライツのスクリューマウントに手が伸びる。

まず、APS-Cでは50mm相当になる35mm。
小ささと軽さで選べばエルマー/f3.5(110 g)。

次に75mm相当になる50mm。
これは、よく使う画角なので迷う。
小ささと軽さということなら、エルマー/f3.5(125 g)かヘクトール/f2.5(190 g)。
あるいは明るめのズマール/f2(205 g)という手もある。

さて、最後は広角。
しかし、よく考えてみると、手持ちに小さくて軽い広角というのがない。

・・・・・。

やはり、必要だろう、広角は。
そういえば、前から気になっていたレンズがある。

いや、正確に言えば、欲しいレンズがある。
ここまで、コンパクトだのスマートだのと、だらだらと書いてきたが、
何を隠そう、ヘクトール 28mm/f6.3を(110 g)買うための理由付け(言い訳)である。

しかもeBayで見つけてしまった。
こんなに安くていいの?
というのを。
(自分で自分の背中を押す)

説明書きを読むと、レンズはクリーンとのこと。
初めて取引する売り手なので、どこまで信じられるかわからないが、
リスクとしてオーバーホールに出すことを勘案しても、十分安い。
(納得の言い訳)

ということで、買ってしまった。
届いてから試し撮りしてみたが、特に問題ないみたい。
(とりあえずオーバーホールしなくてもよさそうなのでラッキー)

さて、これで、コンパクトなお散歩カバンに入れるレンズも揃ったし・・・・。

・・・・。

フード。
しまった。
これが、べらぼうに高い(レンズが買えるくらいの)値段だったのを忘れてた。
しかも、あまり見かけない。

高輪界隈

このレンズは、Mマウントに改造したもの。
買ったとき、すでにMマウントに改造されていたため、
元々はどのようなマウントだったのか、
正確なところは判りません。

Astro Berlinのレンズは、以前Arriflexマウントの
Gauss Tachar 25mm/f2.0を使ったことがあります。
APS-Cでは若干ケラれるので、
16mm映画用らしく、m4/3で使う方が良さそう。

一方、今回のPan Tachar 40mm/f2.3は、
周辺部は甘いですが、APS-Cでもケラれていません。
色々と調べてみると、おそらく35mm映画用の
レンズだったのではないかと思われます。

時代としては、レンズの作りから戦前の感じがします。
あくまでも感じですけど・・・

実は無限がきちんと出ていなかったので、調整してもらい、
ようやく撮影が出来るようになりました。

ポーランドからの荷物

Leitz Summar, 5cm/F2, +Adaptor(L+E) +Sony NEX-7

今日は初夏のような陽気でしたね。
こういう日は会社をお休みして、どこかへ出かけたくなるけれど、
なかなか、そういうわけにもいきません。

ところで今日、ポーランドから荷物が届いた。

EMSでの発送だったけど、
受取人のサインが必要になるらしく、
通常は不在だと持ち帰ってしまう。

ということで、トラッキングをチェックし、
配達前に連絡して、宅配ボックスに入れてもらうようにした。
できれば連絡しなくても、宅配業者のように
宅配ボックスに入れてもらえれば、嬉しいのだが・・・
色々と決まりごとがあるのかもしれない。

話は少し逸れるけど、
ブログの統計情報を見ていたら、
「通関手続中 2回」の検索でヒットしてくる方が
意外といるようなので、以前こちらで書いたことに、
ちょっと補足。

「通関手続中」が2回表示されると、
たいていは関税がかかっている場合だったが、
一回だけ関税はかからず、中身の検査だったことがあった。
どうやら、そういうケースもあるらしい。

ちなみに今回の荷物、「通関手続中」は1回でした。
荷物の中身?
それは、まだ秘密。
改造が必要なので、登場までにしばらく時間がかかりそう。

気分は1930年代のレンズ

日曜日、久しぶりにSummarを使った。

このところ、Hektorが多かったので、
そろそろSummarの出番かなと。

最近、なんとなく1930年代のレンズを使いたい気分。
(格別の理由はないけど・・・)

Xenonもあるが、調子が悪い。
無限でのピントがうまく合わないので、現在OH中。
戻ってきたら、使いたい。

Hektorの73mmは、NEX-7で使うと換算109.5mm相当になるが、
あまりこの画角を使わないので、たまにという感じ。
もうちょっと出番を増やしたい。

・・・・・・・

ところで、会社へ行くときも、
カメラを鞄に入れておく。
たいてい、日曜日に使ったレンズをそのまま。
ということで、今週はSummarが付いている。

実際に撮ることはあまりないけど、
とりあえず鞄には入れておく。

・・・・・・・

それにしても、Summar。
好みのレンズの一本です。